ある分析データ 素質分析カルテ (全31項目)

氏名@@ @様 生年月日 昭和39年@月@日 54歳男性

1.[基本的な性格・気質]

誕生したとき、基本的に備わっている性格や気質の特徴を、男女別にそれぞれ12 のタイプに分類して説明しています。この基本素質がもとになり、後天的環境(家庭、学校、職場、地域社会、教育、友人など)によって影響を受け、成長するに従って器(うつわ)となり、個性の一部になります。
トータル的にバランスが整うことを重視し、マルチプレイヤーを目指します。
マイペースで自信家です。基本に忠実で、バランス感覚があります。
人怖じなく、粘り強く、なせばなる、やってやれないことはないの精神性があります。
自由、平等、博愛主義者で何でも誠心誠意です。
面倒見が良いほうです。
義理堅いが自分の思い込みで、周りを推し測る傾向があります。
取っ掛かりに時間がかかるが、分かると徹底して取り組む粘り強さがあります。
嫌と言って断れない性格から親分肌(姉御肌)として頼りにされます。
堅実なので怠けたりサボったりできません。
休まず働くけれどこまねずみのようにはなりません。
堂々とした余裕のある雰囲気さえ漂わせています。
周りの目を気にして意思決定に時間がかかります。
(なかなか決められない。決断が遅い)
しかし、一度やると決めたらトコトン最後までやり通す強さを持っています。
言葉のキツさはかなり厳しいほうです。
友情でいうひとことでも、笑いながらいうひとことでも、結構いわれた人は傷ついていることがあります。
根性と頑張りがあるから何事もソツなくこなしますが、器用貧乏なところから気持ちが満たされないことが多いようです。
思い込みが強く、「間違っていない!」と意見を通してしまうのは困ったものです。
ペースを乱されたくないです。
自分の世界を大切にしたいと思います。
財産家を目指します。
夢を具体的に実現できるものが必要です。
キーワードは「一生懸命」、「納得」
決めたことを達成するためムリをします。
目標を決め、その目標を何が何でも達成するために頑張ります。
良い人間関係は先ず本音を言ってから始まると思っています。
本音を言わない人とは付き合いにくいと思います。
ただし、どうでもいい人には本音は言いません。
(建前がなんだか分からない)
プロセスより結果を重視します。
何事にも計画をたて、計画どおりに進めます。
目標が達成できないとストレスがたまります。
何かをする場合は、期限を決めないと動けません。

2.[内面的な性格・気質]

打ち解けあったときに見せる素質のことです。意思決定のキーになります。
いわばうちづらのことで、戦略、本音、目的、人の行動エネルギーです。
初対面でも恥じらいのない堂々とした態度をとる人物です。
人見知りせず、だれにでも遠慮容赦ない言動をとるハッキリしたところがあ
ります。
そこが開けっぴろげな魅力になっていますが、逆にずうずうしく自信過剰な
生意気さと取られることも少なくありません。
スマートではありますが、インテリな格好の良さが相手を馬鹿にしている
ように見えることもあり、対人的に損をすることが多いようです。
理屈っぽさが鼻につくこともありますが、道筋を立てた話し振りには説得力があり
ます。
実際はまじめな努力家で、見かけほど頑固さや堅苦しさがあるわけではあ
りません。
要領は良くないけれど、その場限りのいい加減な対応はできないし責任感も
強い。
冷静で客観的な目を持っていますが、自分には甘くなりがちなのが欠点で
す。
特に若いころは反省心が薄く、自己過信する嫌いがあって現実がままなりま
せん。
さまざまな経験をつんで成長していく大器晩成型といえるでしょう。

3. [隠れ素質・裏素質]

ほとんど本人は気が付いていないのでこのような素質があるとは自覚していないが、夢中になっているときとか、慎重になっているときとか、思い詰
めたときに往々にしてこのような素質が出てくることがあります。
あまり自分のことを構わない人。無骨な人。

4.[人生の目標と素質の強み](生き甲斐)

人生の目標を達成するために、生まれながらに備わった「素質の強み」のことです。
これからの時代に必要なことを目指し、活用すると目標に速く到達します。
利益をあげるために必要なことを目指します。
実質を重視し、稼いだお金で自分の世界を築きたいと思っています。
誰からも文句を言われない、一国一城の主になることが基本コンセプトです。
結果において競争し、人生に勝利したい。
勝負のときを考えて、平生は質素倹約を旨とします。
自分で独創するよりも、有る物を改良するほうを選択します。
人生はギブ・アンド・テイクが当然です。
(ギブだけでもテイクだけでもありえない)
自分がモノサシなのでうるさいが人に優しい。(人の役に立ちたい)
誰からも邪魔をされずマイペースでやりたい。(必ず結果を出したい)
意思決定はコストパフォーマンスを優先させます。(金使いのうまい人)
とにかく頑張ります。
人にも負けたくないが、何よりも自分に負けたくないです。
効率アップを図ります。
タイミングを大切にします。
頑張りと結果を大切にします。
生産性、効率性、収益性がキーワード。
無駄を嫌います。(無駄を切る)
無理をします。
時間、利益にこだわります。
やり手と言われたいです。
周囲とのバランスを考えながらも、周りの環境に左右されない独自性のある人生を歩みたいと思っています。

5.[人生に必要な条件と環境]

人生で成功するためにはいろんな「条件や環境」が必要です。
どんな「条件や環境」を手に入れると成功し易いかを説明しています。
形のある財産が必要です。
(土地、不動産、お金、家、建物、書画、骨董、美術品)
切磋琢磨できるライバルが必要です。(ライバルに勝利したい)
サービス精神が大切です。
人から引き立てられる環境を手に入れたい。
学術畑、芸術畑の環境がよろしい。
自由と平等、そして平和な環境が欲しい。
悠悠自適、自分のペースで生きていける環境が必要です。
裏表や駆け引きのない人生と、腹を割った付き合いができる環境が必要です。

6.[人生における強みと得意分野]

人生を送る上で自分自身の「素質の強みと得意分野」が自覚できます。
自らの「素質の強みと得意分野」を自覚することによって自信が得られます。
他人の満足と自分の満足を同時に考えます。
無駄を嫌います。
コストパフォーマンスを考えられる強みを持っています。
得意分野はお金を稼ぐ、儲ける、具体的な形を創ることです。
物品購入の意思決定(優先順位)は安くてお得なところから。
客観的な意見を持ち、いつでも誰にでも動じずに対応できます。
大抵のことは物にする器用さと、柔軟な適応力があります。
人の何倍も努力し、完遂するまで、あきらめずに粘ります。
土壇場に追いこめられたとき、ラストスパートがききます。
マイペースで基本に忠実です。
誠意と粘りがあります。
自信のあることしか主張しません。

7. [人間関係]

周りに左右されないための競争力をつけるため、切磋琢磨できるライバル、実力のある人、財産家と付き合いたい。
親近感を持ちたい相手からは本音で聞きたい。
自分も相手も本音で物が言えることが嬉しい。
本音で話すことが相手との距離を近づけると思っている。
本音で話し合える関係が最も親近感を持てて安心できる。
言いたいことはどんなことでもはっきり伝えたほうが分かりやすいと思う。

8.[うまく行く人間関係]

内面の素質の違いから、うまく行く人間関係の法則があります。
内面の素質が一致している場合はお互いが理解し合える関係です。
内面の素質が一致していない場合で、上下関係がD⇒A⇒N⇒D のような場合は人間関係がスムーズに流れる。
上は下を動かしやすい。
思わず力を貸してしまう。

上下関係がD⇒N⇒A⇒D の場合は人間関係が難しくなります。
上は下を動かしにくい。
ジャンケンポン原理とも言う。
D
N
A

9.[素質を知って攻略する]

営業にも恋愛にも活用できる。
D タイプを攻略するには、実力、結果、稼いでいる自分をアピールするといい。
N タイプを攻略するには、本物にこだわり、情報人脈を手に入れながら、
自分の人柄をアピールするといい。
A タイプを攻略するには、資格、肩書を持ち、大物、有名人の知人がいる自
分をアピールするといいです。

10.[フォローとクレーム処理]

人間関係を良くするには、営業成績を上げるには、
D タイプには、定期的に面会(訪問)すること。
電話はしばしばするといい。
借りや弱みは作らないこと。
クレームはお金か物で解決すること。
N タイプには、報告、連絡、相談をしっかりすること。
問題が起きたら、すぐに対応すること。
手紙やレポートは効果が大きい。
クレームがあった時は、何を差し置いても謝りに行くこと。
A タイプには、頻繁に会うこと。
何か問題ありませんかと会いに行く。
クレームが起きたらできるだけ地位の高い人と一緒に行くこと。
新商品の販売は、N タイプがD タイプに、D タイプがA タイプに、A タイ
プがN タイプに売り込むと確率が高くなる。

11.[とるべき戦略と戦術]

人生で勝利者となるためには効果的な「戦略と戦術」が必要です。
基本的な「戦略と戦術」をイメージしてください。
合理化、生産性、効率性があってこそ進歩繁栄があります。
自分を取り巻く環境とバランスを考えながらも、環境に左右されないようマイペースで築く戦略。
マイペースでものごとの全体像をつかみ、基本に忠実に進める戦術。

12.[成功への行動指針]

成功するために素質の特性を活かして行動するための「指針の要点」を説明します。
しっかり意識してください。
バランス感覚に優れるため、何でも、何人でも、等しい力で対処でき、総合
力は買うが、一つだけ本当に自信の持てるものを先ず作り、自信あふれる
日々を送りましょう。
分かりやすい人間関係を作って欲しい。
おとぼけと話はうまいが、本心をさらけ出せる心の友人が成功のポイントです。

13. [行動特性]

悠然、着実志向です。(ムリをする)
マイペースで生きる自信家です。
いつも博愛と平等を大切に、誰にでも誠心誠意、変わらぬ態度で接することを心がけています。
何でも器用にこなすマルチプレイヤーで、常に全体を見渡すバランス感覚に優れています。尻に火がつくと強い。

14.[仕事の役割]

形にする、改良する、活用する。
商品化、販売、効率追求。
精算性、効率性、収益性を求める。

15.[行動パターン]

どんな行動パターンを持っているか分かります。
自由・平等・博愛精神を持ち、マイペースで、基本に忠実です。
開放的な面もあります。
石橋をたたきながら、自信のあることのみ主張します。
反応するまで時間がかかり、スローな人ですが怒ると怖いです。
これと思ったら最後、絶対にあきらめないでものにします。
のんびりしすぎて、後であせることが少なくありません。
なんでも必要な分より、少し多めに準備して余裕を持たせます。
誰に対しても動じずに接し、誰に対しても平気でものを言えます。
みんなに正しいこと、もっともなことしか言いません。

16.[商品購入の意思決定ポイント]

高価な物や耐久消費財を購入するとき、どんなことが「意思決定キー」になるか分かります。
同じ買うなら安くてお得なところから買う。
知人友人、人柄よりも商品がポイント。
無駄使いはしない。
お金を大切にする。実用的なもの。
値段ではなく相手の誠意に重点をおいて決める。
自分の持っているものとのバランスを考えて買う。
意思決定に時間がかかる。

17.[決断のスピード]

物を買ったり、何かを決断するとき、直感で決めるか、それともすぐ決めることができず、じっくり考えてから決めるタイプか分かります。
遅い。衝動買いは絶対しません。

18.[適正]

どんな仕事やどんなことをするのに向いているかが分かります。
特に経営者やビジネスマンにとっては知っておきたいことです。
自信あふれる口調と実行力を活かして、政治家としての活躍も夢ではないでしょうが、企業では理屈好きがわざわいして協調しにくいでしょう。
自分に任せられた形で仕事ができる部門であれば能力を発揮し易いでしょう。
経営者としては、ある程度の年齢になってから独立するべきだと思います。

19.[マネジメントの方法]

管理手段は楽観的な「希望タイプ」か? 慎重な「リスクタイプ」か?
何かをやろうとするとき、できることを前提として楽観的な考えで実行していくか?それとも目的を達成するため、リスク(考えられる障害や気にかかること)を解決してから実行に取り掛かる慎重型かが分かります。
回避対策(リスク型)希望、可能性を追及するために、目の前のリスクをなくすことが先決だと考えます。
最悪の場合が先に分かると意思決定がしやすい。
過去の失敗は二度としたくない。
リスクには敏感です。
リスクを負うことを嫌います。
チャンスを逃がし易い。
過去を振り返る。
意思決定しなかったときのリスクを考えます。
旅行に行くときは荷物が多い。
保険は好きなほうだ。「もし、何かあったら・・・」
慎重に対応するので経費を優先させます。

20.[主義]

意識しなくても持っている主義主観が分かります。
マイペース主義:社会のスピードを気にせず、悠然と自分のペースで生きていく。博愛主義:自由・平等を愛し、誠実さをモットーとする。

21.[人生観]

どのような生き方を求めているか?
なせばなると悠々自適に人生を楽しむ。

22.[友人観]

友人とどのような付き合い方をするか?
誠意のある人かどうか。
義理をわきまえる人かどうかで選ぶ。

23.[仕事観]

仕事をする上でどのような基本的取り組みをするか?
取っ掛かりは遅いが、全体像がつかめると頑張る。

24.[金銭観]

お金に対する考え方やどのようなお金の使い方をするか?
基本的に節約家だが、博愛的寄付は人一倍したい。

25.[恋愛観]

異性に対する考え方や行動は積極的か、それとも消極的か?
度胸と押しの強さで、誰でも包容していきたい。

26.[結婚観]

どんな結婚生活を望んでいるか?どんな家庭を築こうと考えているか?
マイペースでゆったりとくつろげる家庭でありたい。

27.[好きなこと]

こんなことするのが好きです。
トータル的にバランスをとること。
全体の構図を決めてから、あれこれ細部のアイデアをじっくり考えて楽しむこと。
何でも誠心誠意に取り組むこと。
好きなものは好きなだけ、飽きるまで毎日食べたい。
興味のあることに全力投球し、何とか自分の物にすること。
必要なものを必要なときに、必要なだけ買うのは苦手、いつも多めに用意して備える。友達のいいところを見つけて誉めてあげること。

28.[好きなタイプ]

こんなタイプが好きです。
自分のペースを大切にしてくれる人。
明確な目的を持っている人。
一生懸命に頑張っている人。(ムリをしている人)
時、タイミングを大切にしている人。
できる人。やり手。稼げる人。

29.[嫌いなこと・タブー]

こんなことは我慢できない。嫌われてしまう。
ペースを乱されること。
誠意と義理が感じられないこと。
言い方や口のきき方が悪いこと。
服装の乱れやだらしない言葉使い。
しつこい物言いや対応をされること。
迷惑をかけられること。
時間を守らない人。

30. [コミュニケーションの方法]

固定還元型(FB 型)
意思の疎通をどのように行うか? 意思の伝達手段は「本音か建前」か?
人に話をするとき、結論を先に言ってから説明するタイプか? それとも結論を言
わずに前置きが長いタイプか?
「何が言いたいのかよく分からない」人がいるかと思うと「人の気に障るようなことでも平気でづけづけものを言う」人がいます。
人間関係において「性格の不一致」とはこのことが大きな問題点となります。「離婚原因」の大部分を占めているといっても過言ではありません。
人間関係の基本は“本音でものを言うことだ”と信じている人と、“本音でもの言うと相手を傷つける”と思っている人がいます。
どちらかと言えばあなたは“本音でものが言える人”です。
話すときは結・起承転で話します。(結論から先に話す)
話すとき、前置きはいいません。(ときどき主語が抜ける)
本音と建前が明確に分かれています。
本音で話すことは良いことだと考えています。
本音の話にはマイナスもプラスもない。(要するに本音である)
10 の本音を言うパワーは10 でいい。(本音を言うことは苦にならない)
本音を言うとすっきりして、相手に親近感を持ってもらえると心底思ってしまいます。
親近感を持ちたい相手からは、本音で話を聞きたいし、本音で話したい。
自分も相手も本音で話せることが嬉しいのです。
思ったことはすぐ口に出せます。
こんなことを言ったら相手はどのように思うかということは全く気にしません。(相手が傷つくとは思っていない)
全体像や本音が知りたいと思う。
本音で話をしているのに、相手が本音で話してくれないと、「どうしてかな?」と自分を振り返ってしまう。
本音で話をすることが、相手との距離を近づけることだと思っています。
本音を言うことは相手にとって良いことだと考えています。
本音を言うことによって相手を傷つけてしまうことがあります。
本音で話し合える関係が、一番親近感をもてて、安心できます。
言いたいことは、どんなことでも、はっきり伝えた方が分かりやすいと思っています。
言葉以外の意味を膨らませて判断することは失礼だと考えています。
目標を達成するためには逆算して考えます。(目標の的を絞る)
直感やイメージで考えることが多い。
創造力がたくましく、非現実で考えます。
意味のないギャグでも笑えます。

31. [12 分類D-3 タイプ素質の特徴]

D-3 タイプは、人の一生に例えれば、“一つの事業を成功させた社長に自信
に満ち溢れた”ような性格を持っています。
それは頂上まで上り詰めた人間だけが持つ余裕であり、したがって、自分
の方針というものをしっかり持ち、流行や社会の風潮に左右されることな
く、あくまでも自分の方針とペースで生きていきます。
誰からも指図されることを好まず、かといって人を無視することもありま
せん。
常に悠然としていられるのも「また一からやり直せばいい」という創業者
意識を持っているからです。
つまり、危機に瀕しても「人間頑張ればどうにかなる」と思っているわけ
です。
それだけにやる気になった時はスゴイ。
徹底して取り組み、全体の部分とバランスをとりながら幅広い展開を図る
逞しさを見せます。
もうこれ以上登る必要がないだけあって、実にのんびり構えています。
社長の地位にある人にいまさら何を言おうと、耳を貸すはずもなく、腰が
重くてなかなか持ち上がらないのですが、やっとお尻に火がついて好きな
ものに入れ込んだかと思うと、プイッと飽きてしまったり、何でもできる
社長の気まぐれで、中途半端のうちに投げ出すことも少なくありません。
ただ、トコトンまで徹底すると、怖いもの知らずに際限なくやってしまい
ます。
何事につけ、自分の思い通りにマイペースで進めていくのがこのタイプで
すが、自分のやることには責任と自信を持っているということが言えるで
しょう。
自由奔放なようでいながらも、頑固なくらい義理堅い、堅実な姿勢があっ
てこそ頂上まで達することが可能なのです。
D-3 タイプの人生は「やればなんとかなるさ」と考えています。
これが行き過ぎる人は、人生を何もしないうちに終わってしまいがちなの
が落ちりやすい点です。
つまり、思考の根底には「人間だれでも同じ」という精神性があります。
同じ世界で成功している人たちを見て、自分も彼らと同じ人間なんだから、
やり方や努力で何とかなると考えますので、困難な状況においても自分に
は出来るという強い思いがあります。
D-3 タイプの自己能力開発は、バランスに始まりバランスに終わります。
ここぞ、これぞと思うものにのめりこんでしまい、トコトン追及して自分
のものにします。
そして、先が見えると、ある日突然、ピタッとやめてしまうのが特徴です。
そしてまたバランスを考え、自分に何が足りないのかを見つけ、全体に落
ち度のない自分を目指して頑張ります。
D-3 タイプの人に頼みごとをする場合は、必ず「いついつまでに」と、期限を区切ってお願いすることです。
常に「やればすぐにできる」と思っているので、いつまでたってもやって
くれないことがあります。
業務遂行の場合も、期限ぎりぎりまで伸ばしてしまい、ミスがあったり、
中途半端な仕事内容だったりするので、途中確認を必ず行うことが大切で
す。
スイッチを入れても、しばらく灯らない蛍光灯のような、反応が遅い面が
あります。これは、物事の基本が呑み込めないうちは、速やかな行動がで
きないが、いったん理解すると、ある日突然10 年選手のよりうまくなるこ
とがあります。
D-3 タイプの人の特徴として、上下身分を問わず、人間はみんな平等であるという博愛主義を貫きます。結果として、どんな偉い人とも、人怖じなく
話せるし、身分の低い人とも腹を割った付き合いができます。
基本さえ納得してしまうと、細かい仕事は「ミスは自分が責任持つから心
配するな」と部下に任せてしまい、途中チェックをしません。
そのため部下は仕事がしやすいのですが、仕事のミスが大きくなり、どう
しようもなくなった時に、その問題気づくことがあります。
連続したミスが起きると、とたんに任せられなくなり、自分で何もかも引
き取ってしまうことがあります。
人生の目的は、悠々と自分のペースで生きていく人生。
自由、平等、博愛主義でバランスのとれた自分になることです。
人生に必要な条件は、マイペースで基本に忠実であること。
誠意があり、全体像が見えることです。
役割は、自ら中心となって組織のまとめ役となること。
統率指揮して指令本部的役割が適任です。
マイペースで基本に忠実、誠意と粘りが身上です。
自信のあることしか主張しません。
バランス感覚に優れ、どっしりとした粘り腰があります。
自分一人でどうこうよりも、組織をまとめていく指揮官的役割が適任です。
現場にも出れますが、基本的には後方にいて、自分の出番役割を演じてい
きたいタイプです。
マネジメントに当たっては、先ずリスク負担を優先させるタイプで経費主
導型です。
仕事の全体像、終着点を理解したうえで、現在やるべきことをやっていく
タイプです。
のんきに後回しにしていませんか?
着手点に迷っていませんか?(これらがチェックポイントです)


Supprter:電子個性通価ネットワーク
http://shien-p.com
http://yubikitasu.org/sositsu


監修:素立学家元/人の素質研究家
原裕一郎

a:89 t:1 y:0

powered by HAIK 7.2.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK