個人の自立、地域社会に豊かさをもたらす個人が発行するパーソナル通価(通貨)

電子個性通価の事業性

電子個性通価(ボランティアポイント)の事業性

※詳細は電子書籍「電子個性通貨(通価)っていいね!」をご確認下さい。

投資家

本事業の継続的パートナーとして運営会社とソフト開発&コンサル会社のいずれかに参画(株主又は役員)となります。

あるいは運営会社の収益から配分を継続的に行います。


ほかのありふれた案件より実はかなりの広告効果、投資効果があります。

システム採用企業の事業メリット

競合のない独占モデルを所有できます。詳しくは次ページへ

異業種共有、統合システムにより他業界のマーケットを顧客にすることが出来ます。

既存顧客への付加サービスによる親密、共鳴度の向上

電子個性通価の活用で全ての方が無駄遣いが減り、浮いたプラスの経済を獲得、客単価のアップに繋げます。

顧客が顧客を呼びネットワークが広がっていきます。共鳴のクチコミで新規客の獲得に繋がります。

システム採用企業どおしの水平ネットワークで自社のユーザー増が見込めます。実践異業種交流の統合、共有システムです。

本部企画のプロモーションにて広告収入が入ります。

その他本部のコラボ企画による副産物を共有できます。


全国のエリアコーディネーターの方

エリアの導入企業と連携し助け愛、活かし愛、励まし愛、育み愛サポートを行います。

リアルなコミュニティを推進する社会起業家、民間政治家です。

エリアコーディネーター組織図

活動に対して報酬(電子個性通価ポイント&コンサル料)が支払われます。



a:1176 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional